月の土地をクリスマスのプレゼントに?!

Pocket

お月様の土地って、買うことができるって知ってましたか? สวัสดีค่ะ! ネット通販激安専門店【Trend】の管理人の、マリンです。 「月は誰のものか?」 地球上の法律を調べたところ、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、 いわゆる宇宙条約 しかないことがわかりました。 この宇宙条約では、国家が所有することは禁止していましたが、 個人が所有してはならないということは言及されていなかったのだそうです。 この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えたのが、 今回、紹介する月の土地を売買する権利の所有会社、 LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)のオーナー デニス・ホープ氏。 1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭して、 月の土地の所有権の申し立てを行ったところ、 正式にこの申し立ては受理されたそうなんです。 あなたの大事な人の、クリスマスのプレゼントに “月の土地”をプレゼントしてあげたらどうでしょうか? なんとも、壮大なロマン溢れるお話ですよね… ちなみに、タイでは、外国人は、コンドミニアムを買うことは出来ますが、 土地を買うことは出来ません。 月に、一軒家を建てようかな? ロマンチックなプレゼントなら「月の土地」