ไม่เป็นไร(マイペンライ)という言葉

Pocket

สวัสดีค่ะ! ネット通販激安専門店【Trend】管理人、マリンです♪ わたしが、最初に覚えたタイ語の中に、ไม่เป็นไร(マイペンライ)という言葉があります。 皆さんも、聴いたことのあるタイ語かもしれませんね。^^ この、ไม่เป็นไร(マイペンライ)、日本語に訳すと、 ・どういたしまして ・心配ご無用です ・かまいませんよ♪ ・大丈夫! ・気にしないでね! などなど、こう訳すと、素晴らしい謙譲語のように思えますよね。 わたしも、この言葉、すっと肩の力が抜けて、気楽になれると言うか、 大好きな言葉ではあるんですが… ただ、タイの方と接していると、何でもかんでもこの言葉で、言いくるめられてしまうと言うか、 片付けられてしまうんですよね。 要するに、 「気にしないでね」ではなく、「(そんな小さなこと)気にしないわよね?」なんですよ… 例えば、レストランで食事に髪の毛が入っていたりしても、「ไม่เป็นไร(マイペンライ)」 それこそ、車をぶつけられても、「ไม่เป็นไร(マイペンライ)」で済まされちゃうわけです。 まるで、マイペンライで片付かないことは、何も無いかのような、 そんな力がこの言葉にはあり、タイの人たちの根源に脈々と流れているんですね。 仏教で言う悟りの境地みたいなものではないでしょうか? まぁー、なににしろ、ไม่เป็นไร(マイペンライ)の精神は奥が深く、 異国の人間が短期間で理解できるほど単純な世界観ではないのかもしれません。 でも、今年起きた嫌な事もไม่เป็นไร(マイペンライ)で、 来年は、きっと素晴らしいことがいっぱいあると信じていますが、 何か問題が起きた時には、ไม่เป็นไร(マイペンライ)で切り抜けていきたいなと思います。 ↑今年の11月初旬王宮広場前の洪水の状況です