ワット・ポー 大寝釈迦仏

Pocket

สวัสดีค่ะ! ネット通販激安専門店【Trend】管理人、マリンです♪ 初詣に行った、ワット・ポーは、マッサージとこの大寝釈迦仏がとても有名ですね。 バンコクに来たことがない人でも、絵葉書とか、タイ航空のキャンペーンなどで ご覧になった方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、ちょっとその有名な観光スポット、 ワット・ポーの大寝釈迦仏について。 全長49メートル、高さ12メートルの寝釈迦仏の堂々とした寝姿に思わず圧倒されます。 しかし、お釈迦様に怒られるかもしれませが、なんとも呑気で、穏やかなお顔をしているんでしょうか。 タイ人のマイペンライ気質は、こんなところからも根付いているんでしょうね。 大寝釈迦仏の足の裏なんですが、バラモン教の宇宙観、真理が、螺鈿細工という、細かく砕いて磨いた貝殻を嵌め込む技法によって108面、描かれています。とてもありがたい”足の裏”で有名な観光スポットなんですが、ご覧のように真平ら、扁平足ですよね。 扁平足とゆうと、なにか、”のろま”とか、ちょっと、間の抜けた印象を持たれるかもしれませんが、これも仏教では、その人が超人であることを示す、32の身体的特徴とされているんです。 お釈迦さまの足の裏から背中側へまわると、廊下にずらりと並べられた108つの鉢があります。 この鉢に、サタン硬貨を購入し、それを順々に鉢の中に入れて行くのです。 (サタンはバーツ以下のお金の単位) サタン硬貨はここでは煩悩の象徴。 鉢にサタン硬貨が入れた時に堂内に響き渡る乾いた音に、煩悩が薄れていくような気がします。 バンコクにいらした方は、 是非、お立ち寄りください。