タイのトイレ

Pocket

สวัสดีค่ะ! ネット通販激安専門店【レインドロップ】管理人、マリンです♪ いきなり、トイレの画像で、ごめんなさい^^; バンコクの、しかも、外国人が使うような、コンドミニアム、ホテルやショッピングセンターでは、 さすがに、きれいで水洗式の日本のトイレと変わらないのですが… でも、コチラへ来て、最初の頃は、なんでどこのトイレもこれが付いているんだろうと不思議でした。 これ、握ると勢い良く水が吹き出す、日本式に言えば、ハンドウォシュレット、用を足した後に、お尻を洗い流すためのハンドシャワーなんです。 どこのトイレも、けっこう水圧が強くて、勢い良く水が出るので、お尻じゅうが、濡れるんです。 日本のウォシュレットみたいに、乾かす温風などありませんから、トイレットペーパーで水滴を拭き取ります。 なんか、不思議に思っていたんですけど、旦那様に聴いてみたら、タイの田舎に行くと、トイレットペーパーなんて、ほとんど使わないそうです。 水でお尻を流すだけ。 しかも、こんなハンドシャワーなんかついておらず、 桶の中の水をタライですくってお尻を洗うそうです。 ハンドシャワーが、どこに行っても付いているのは、 その名残なんじゃないか?と言っていました。 ちなみに、汚物入れではなくゴミ箱がおいてありますが、 タイでは紙を便器には流さないそうです。 使ったトイレットペーパーは、このゴミ箱へ捨てる… ちょっと、慣れないと汚いと言うか、イヤですよね… ちなみに、公共のトイレ、(バスターミナルとか、古くからあるショッピングセンター、公園など)は、入場料を取られる所があります。大抵、3バーツぐらいですが、わたしは、まだ、怖くて入ったことがありません。 今年は挑戦しなきゃダメかな?